【全身脱毛の時間】全身1回の施術時間は?脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

全身脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間を部位別に紹介

脇脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

脇脱毛にかかる施術時間ですが、レーザー脱毛の様な脱毛法であれば、片側5分程度で施術を完了します。よって、両脇をレーザーで脱毛をする場合、10分という時間で脱毛を可能とします。なお脱毛クリニックの場合、主力となる施術方法はレーザーになり、光脱毛器という弱いレーザービームを使用して脱毛を行わないため、短期間で片側5分という時間で脱毛を終えることが可能です。しかもレーザー脱毛は、一回施術を行い、毛根が生えてこなくなれば、完全に毛根を処理したとみなすため、5分の施術で完全に毛根を焼きいれば、それで施術完了で光脱毛のように何回も施術を繰り返す必要性がないので、5分で終わればそれ以上の時間を必要とせず、追加施術を受けるという心配もありません。よって、両脇を10分で施術を終え、メンテナンス以降に毛が生えてこなければ、それ以上の時間を必要としないです。

VIO脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

VIOのレーザー脱毛に必要な時間ですが、VIOはお尻とかビキニラインというデリケートな部分を脱毛することで、おおよそ20分から30分ほどでデリケートゾーンは脱毛が可能です。なお、デリケートゾーンの脱毛はレーザーであれば、20分から30分ですが、光エネルギーを照射して脱毛を行う光脱毛の場合、20分や30分という短時間で終わらず、何回も繰り返して施術をする必要性があるので20時間照射しても効果を示すかどうかは未知数です。これは、ビキニラインという部分は、レーザーのように直進性が強い器具でないと毛根にダメージを与えて弱らせることができないため、光脱毛ではそもそも、隠れた毛根については効果を示さないがゆえです。よって、VIOというデリケートゾーンへの脱毛はレーザー脱毛の場合、隠れていても集中してレーザー光で毛根を処理可能なので、30分までの時間で施術を終え、それ以上についてはよほど見えない場所に毛根がない限り30分で終えます。

背中脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

背中の脱毛についてはレーザー脱毛にて処理をした場合、40分以上60分未満あたりが平均的な処理時間です。背中の場合広い面積を処理していくため、時間がかかります。ビキニラインのように見えない場所だというわけではありませんがその分面積が広いためレーザーで集中して処理をする場合、どうしても40分以上の時間を有します。これを光脱毛にて処理をした場合、おおよそ一回当たりのエネルギー照射時間は、30分までになるので光脱毛のほうが一回当たりの施術時間は短いです。しかし、光脱毛の場合、一回ですべての毛根を処理できないため繰り返すことを考えた場合、30分から無限という時間を有します。なぜ光脱毛=無限なのですが、これは、光脱毛は持続時間が短いため、毛根が再度成長した場合、同じことを繰り返しますので、事実30分から無限の時間を必要として、効果が100%期待できるかもわからないということです。

腕脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

腕の脱毛については、レーザー脱毛である場合、片腕15分程度が平均の施術時間です。腕の場合、それほど面積が広くないので15分で片側を終えることが可能ですが、もう片腕を処理する必要性があるため、両方の腕の施術を合わせると30分の時間を有します。一方、光脱毛という方法であれば、片側30分ずつになるため、合計で60分ほどの時間を必要という流れになります。よって、レーザー脱毛のほうが時間がかからない上、再発というリスクもありません。光脱毛は、痛みがないという利点が最大の売りですが、時間がかかり過ぎ、60分という時間を使用しても一回で施術が終わりません。なので、15回の施術が必要であるという場合、腕だけで60分×15回の時間を必要とするため、かなり時間を必要とするのです。

脚脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

足の脱毛はレーザーであればおおよそ15分程度で片側ずつ行います。なので、両足で30分で終えれば平均的な施術時間です。足の場合、腕と同じ面積になるか、腕よりも短いという面積になるために腕と同じような施術時間になります。なお、光脱毛にて足を脱毛する場合、一回当たりの照射時間は片側30分ずつで合計60分です。そこから、光脱毛の場合、効果が表れるまで行うということになりますので、60分という時間から無限という時間が施術時間です。よって、レーザー脱毛であれば、30分で終えるのが平均で追加施術という流れにならない限りは、30分で施術を完了します。なので、レーザーのほうが効果においては短時間で効果を示し追加施術が少ないという点が利点です。

顔脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

顔の施術ですが、レーザーであれば、15分程度とかなり短いです。顔の場合、目で見て毛根のある場所の確認が容易ですから、レーザー脱毛においては時間を有しません。逆に毛根が濃い場合でも、15分以上30分未満に終えるということから顔は毛が濃くとも30分までに終えることが可能です。なお、光脱毛にて顔の脱毛を行う場合、照射時間が最大で30分ですから30分の施術+施術の効果が表れるまでが施術時間になります。なので、施術時間が無制限になる可能性が光脱毛にはあるため、光脱毛の場合、顔の脱毛は効果が表れるまで何回も一回当たり30分の施術を繰り返すという流れになります。しかし、顔は痛みを感じやすいので、何回も施術をするとなるとレーザーよりも痛みを感じない光脱毛のほうが良い場合もあり得るので光脱毛は時間がかかるから悪いとは言い切れません。

全身脱毛のゼ術時間/脱毛サロン・脱毛クリニックの施術時間

全身脱毛はレーザーであれば、おおよそ90分から2時間までです。それ以上である場合時間を掛け過ぎているため、毛根が濃いかレーザーでうまく処理ができていないとみてよいでしょう。レーザーは短期間で完全に脱毛を終えることが可能なので、2時間で完全に脱毛を終えることを考えた場合、時間をそれほど必要としません。一方、光脱毛という方法で全身を脱毛するとなると、一回あたりどの部位でも30分までしか施術で光エネルギーを照射できないことを踏まえた場合、顔に30分VIOに30分体全面背中合わせて60分となり、ここに腕と両足を合わせていくと余裕で90分を超えます。そのうえで、何回繰り返せば効果を示すかという部分を計算する必要があるので、仮に前身の脱毛を光で行った場合、全身を終えるのが120分だったと仮定しても120分+毛根が生えなくなるまでを施術完了とするので、無限の時間を必要とする可能性があるのです。

全身脱毛の施術時間と施術の流れ/脱毛サロン・脱毛クリニック

流れ1・カウンセリング(初回のみ)の内容や時間

脱毛サロンやクリニックのカウンセリングについては、脱毛施術を受けることが可能であるかどうかのチェックと脱毛方法について説明をするのがカウンセリングです。脱毛施術は医療用の機器のほかエステサロン用の機器を用いて脱毛を行います。この時、医療用のレーザー脱毛器は施術を受ける側の肌の色に反応してレーザー出力を変化させる物だったり、手動でレーザーのパワーを調製する物だったりします。こうした機器の特性を説明して脱毛を受ける方に対してこの機器であれば安全に脱毛できる、この機器はそもそも使用できないということを説明するのが無料カウンセリングです。なので、無料カウンセリングでは、私どもの脱毛施術では患者となる人物の脱毛施術を行うことが不可能であるということを説明するのもカウンセリングの役割です。だから、カウンセリングが無料なのは、そもそも利用できない可能性がある方が存在するがゆえで、施術を受けていないのですから料金を受け取るのは失礼であるという考えが無料カウンセリングになります。

流れ2・着替え

脱毛の施術を受ける際には、施術用の衣服に着替えたうえで施術を行います。施術用の衣服については相手事業者側が用意していますので相手事業者が用意した物に着替えます。そのため、本来自分が身に着けていた衣服は、事業者側に預けるという形になります。無論事業者側は衣服を預かるために専用の保管室を設けており、更衣室という形で衣服を専用の保管場所に入れて本人のみが衣服を取り出せるという仕組みを採用していますので貴重品などについても保管を可能としており、宝石なんかも保管が可能です。なお、脱毛サロンやクリニックによっては、宝石は宝石を保護して保管する専用ボックスなどを設けているケースもあり、宝石に傷がつかないように工夫をするなどのサービスを提供している事業者もあります。

流れ3・施術

機種によっては専用のジェルを塗布することもある

レーザー脱毛器によっては、専用のジェルを使用することもあります。このジェルは、保護ジェルというもので要はレーザーの光によるやけどを保護する目的で水分を含んだジェルになります。レーザーは毛根に反応しレーザーの光で毛根を焼き切りますがこの時に毛根に熱を大量に蓄積させるため、やけどという現象が従来は起きてしまっていました。しかし、水分を含んだ保護ジェルが登場したことにより、レーザーの光に反応した毛根が熱で焼き切られる際、ジェルが反応して水分を放出することで皮膚を保護することが可能となったため、強力なレーザーを使用しているクリニックなんかでは、専用のジェルを使用することが多いです。なお、光エネルギー脱毛という方法でも専用のジェルを使用することがあり、これは光エネルギーによるやけどを防ぐために同様にジェルを使用します。また、電気エネルギーによる電極から強力な電気を流して電気の力で毛根を焼き切るタイプのマシーンの場合、水分を含んだジェルを使用して電気の通りをアップさせることもあります。

顔やVIOを含む全身脱毛は施術時間が長くなる

顔とかVIOを含む全身脱毛については施術の時間は長くなります。なぜなら、個別に一人の担当者がレーザーや光エネルギーによる脱毛を行っているため、すべての脱毛場所を一人で行うには、それ相応に応じた場所の時間を必要とするがゆえです。たとえば、VIOは30分までに終わりますが、顔を含めるとさらに15分程度を加算しますので、45分はかかることになります。つまり、施術により脱毛する個所を増やせば増やすほど施術時間は長くなるのです。そのうえで、光脱毛という方法を選択した場合、さらに時間がかかり、一回あたり、一つの部位に対して30分までという照射時間を守り繰り返して作業をするとなると30分から無限の時間を必要とするのです。逆を返せば、照射時間を守らなかった場合、光脱毛は一回で施術を終えることが可能ですが、危険な行為なので一回で施術を終えることは光脱毛の場合、ありえません。

毛質や毛量により脱毛器の機種を変更する場合は施術時間が長くなる

毛根の質によっては、脱毛機器の施術方法では対応が十分にできずに施術時間が長くなるという事態が起きます。これはどういうことかを説明しますと、レーザー脱毛であれば、黒い色に反応して広範囲にレーザー照射するタイプの機器であった場合、白い毛根には対応していないため、施術においては白い色が残り施術時間が長くなるのです。逆に適合した医療用のレーザーを称するとこの問題は解決しますが手動で毛根を判断して照射するとなると今度は人間が一つ一つの毛根を判断するという流れになるため、どうしても時間がかかるのです。よって、毛根の質や機器を変更すれば、施術時間というものは機器が毛根の質に対応しなくなるため、伸びるのです。もっと言えば、機器が自動で毛根を判断してレーザーを照射しない場合、人間が手動でレーザーを照射するため時間がかかるというわけです。

脱毛後の保湿などのアフターケアは必須

脱毛後は、レーザーの力により乾燥肌になりますので脱毛後は保湿などのケアが必須です。だから保護用のクリームやジェルなどでアフターケアサービスを行うクリニックが増えたのは、乾燥肌により施術を受けた人が皮膚を掻くことで肌質がさらに悪化して炎症を起こすリスクを減らすためです。クリニックでは炎症が起きるという問題をかなり問題視していて、炎症が起きた場合そこに治療時間というものを上乗せする必要が生まれるため、さらに脱毛施術に時間がかかることと患者のケアにも時間がかかることからアフターケアを重要視しているクリニックはとても多いです。これはサロンも同様で、施術後、乾燥肌になることで肌トラブルが起きてしまい、乾燥によって引き起こされる最悪の事態になることを恐れるがゆえアフターケアを展開しています。無論、施術を受けた人物側も自らアフターケアを行うことで肌質を保つため施術を受けた本人がアフターケアをサボってもよいというわけではありません。

シェービングを行う場合はさらに時間がかかる

実は、脱毛機器にて脱毛を行う際、シェービングで余分な毛根を処理してから施術に入るため、シェービングでおおよそ30分以上の時間を有してしまうことが多いです。これは顔だけでなく、体の毛根を剃ることもあり得るため、シェービングという時間を考えた場合、90分過ぎてから施術開始という流れもあり得るのです。なので、90分後に施術を開始して腕であれば、30分となれば、90+腕の時間そのうえで足の時間に30分という具合に時間を有してしまうのです。逆にシェービングを自分で行った場合、シェービングの時間が無くなりますが、見えない部分のシェービングが必要なのでそれでも5分程度は施術開始前にシェービングをする必要性が生まれます。この見えない部分のシェービングについては、使用する機器によって異なるのでシェービングが必要ない場合この作業は不要です。

顔のクレンジングの時間も必須

顔に脂がある場合、保護ジェルやレーザーによる脱毛を受けることが難しくなるため、クレンジングという処理を行う可能性があります。クレンジング時間については30分も必要ありませんが、時間を有する場合、30分以下の時間を無駄にすることになるため顔に脂がある場合、あらかじめ処理をしておくことが望ましいです。ただ、自分で処理できない環境下にいることが多いのでクレンジングについては、少ない時間で済むのであきらめてクリックやサロンの方にお任せしてクレンジングをするという流れでよいでしょう。というのも、恐らくクリックなんかで自分で洗顔をすることが可能であるかが分からないので、クリックやサロンの方にお任せするしかないと思われ、少ない時間ですがあきらめてクレンジングをして貰うのが望ましいでしょう。

脱毛器の種類と全身脱毛の施術時間/脱毛サロン・脱毛クリニック

 

脱毛クリニックの脱毛器と施術時間

 

アレキサンドライトレーザーの特徴と施術時間

アレキサンダーライトレーザーは、永久脱毛を行える脱毛方法の一つです。
このアレキサンドライトレーザーは医療行為であるため、他の施術よりも照射出力が高いレーザーを照射して脱毛を促す事が特徴です。
照射出力が強いという事は、痛みも強く出るという事です。輪ゴムで肌を弾かれたような痛みや、一瞬熱く痛くなる、という人もいるようです。
ですので、施術は肌を冷却ガスで冷やしながら慎重に行います。肌が弱い人や、日焼けした人にはおすすめできない方法です。
また、このアレキサンダーライトレーザーは、メラニン色素に反応する性質を持つので、脇やVIO、男性のひげなど毛が濃い部分の脱毛にとても効果があります。
施術時間は、部位によって異なりますが、脇は5分程度のようです。

ダイオードレーザーの特徴と施術時間

ダイオードレーザーの最も代表的な特徴は、どんな毛質にも対応できる、という事です。
このダイオードレーザは、柔らかくて細い産毛から太くて濃い毛まで全ての毛質が対応可能となります。
なおかつ、日焼けした肌やアトピー肌など、敏感肌の人もOKです。
また、このレーザーは「熱破壊式」と「蓄熱式」のふたつに分けることができます。
「熱破壊式」は、メラニンに反応して熱を生み出し、その熱で毛の元となる毛根にダメージを与えるという方法です。痛みは少ないと言われています。
もうひとつは「蓄熱式」で、低パワーのレーザーを断続的に照射することで、毛の発毛因子にダメージを与え、発毛の促進を低減させます。
痛みは熱破壊方式よりさらに少ないと言われています。
施術時間は、顔で10分、足で20分、体で30分ほどとなります。

ヤグレーザーの特徴と施術時間

ヤグレーザーの特徴は、脱毛レーザーの中で波長が長い、という事です。
では波長が長いとどうなるのでしょうか。それは、皮膚の内部までレーザーが届くので、皮膚に埋もれている毛や毛根、毛母細胞、毛乳頭などの組織を
破壊することができるのです。これらを破壊することで、毛は生えることができなくなり、永久に脱毛できるという訳です。
脱毛してもすぐに毛が生えてきてしまうという方にはとてもおすすめです。
また、産毛など細い毛にも効果がありますが、日焼けした後でも使用が可能です。
それから、レーザー出力が強い分、痛みも強くでる傾向があるようです。
ですので、施術は麻酔を使って一時的に痛みを軽減する対応を取るクリニックもあります。
施術時間は、顔全体で10分程度となります。

脱毛サロンの脱毛器と施術時間

※こちらに文章はいれません

IPL脱毛器の特徴と施術時間

IPL脱毛とは、光脱毛の一つで、主に脱毛サロンで使用されています。
このIPL脱毛はメラニンに反応する特徴があります。皮膚に照射すると、毛根や毛を生やす組織である毛乳頭などのメラニンにダメージを与え、
タンパク質を変性するのです。すると毛は徐々に抜け落ち、その後生えてくることはありません。このように脱毛を促します。
毛質でいうと、このIPL脱毛は太くて濃い毛の処理に向いています。逆に、産毛など細い毛にはメラニンが少ないので、IPL脱毛の光を照射しても
反応が少なく、脱毛ができないという事もあるようです。
部位で言うと、脇やVIOなどの濃い毛は高い効果が出ますが、背中や腕など毛が薄い部位には効果が出にくい、という事です。
なお、照射範囲が広いので、60分程度あれば全身の照射が可能です。

SSC脱毛器の特徴と施術時間

SSC脱毛は、脱毛器の熱をビーンズジェルという専用のジェルに反応させて毛にダメージを与える、という特徴があります。
SSC脱毛は皮膚に塗布したこの専用ジェルにイタリア製機器のクリプトンライトという光を使用するという他ではない方式の脱毛となります。
この光を専用ジェルに当てると、ジェルの中にある特殊な成分が弾け出し、毛穴から有効成分が浸透して毛根や毛母細胞に作用して発毛を
抑制するという仕組みです。
毛根に反応するわけではないので、痛みはそれほどないようです。
どんな毛質にも対応できますが、太くて濃い毛よりは細い毛や産毛の方が早く効果が出ると言われています。
施術時間は両脇で3分程度ととても短いのも特徴のひとつです。

SHR脱毛器の特徴と施術時間

SHR脱毛は、バルジ領域という毛が生える元となる領域にダメージを与え、毛が生えるのを防ぐという特徴があります。
光の強さは弱く、熱は60~70℃程度となります。
一般的にはメラニンに反応する光脱毛が多い中、このSHR脱毛はバルジ領域に反応するので、産毛や細い毛などにも対応が可能です。
また、メラニンに反応しないので、日焼けした肌でも施術が可能となります。
痛みについては、多くの人がほとんど痛みは全然感じない、と口コミしています。感じても少し温かいな、と思う程度だそうです。
照射のパワーは少ないので、毛が抜け落ちる速さはゆっくりで、脇など濃い毛の部位は完全に毛がなくなるまで少し時間がかかるようです。
施術時間は他の脱毛よりは短く、全身脱毛で30分となります。

全身脱毛の施術時間に関する質問について

 

施術時間が長い方が脱毛効果は高くなりますか?

全身脱毛を行う場合、医療機関やサロンによって異なりますが、一般的に90分~120分と言われています。VIOを追加するなら
さらに30分程度は長くかかるようです。全身脱毛は長い時間施術を受ける必要があるのです。
結論から言うと、施術時間が長くても短くても脱毛の効果は変わりません。
担当スタッフは、対応する部位を満遍なく施術を行っていますので長ければ良い、というわけではありません。
どちらかと言うと、その人の毛質や毛量によって若干の差はあるかもしれません。
あの人は施術に30分かかったけど、私は20分で終わってしまった。これって手を抜いてない?と思いがちですが、
その人の毛の状態によって若干の時間は違ってくるので、気にすることはないと思います。

施術時間が短いと施術が雑になりませんか?

施術時間が短いと、本当にきちんと脱毛できているのか不安になりますよね。
ですが、施術時間が短いから雑、と言う事はありません。
レーザー脱毛でも光脱毛でも照射のパワーは異なります。
強いパワーで照射していたら、肌にダメージを与えてしまうので短時間で終了する事が一般的です。
逆に、弱いパワーで照射していたら、肌にダメージは少ないので多くの時間を割いて施術が可能となります。
さらに、その人のその日の肌の状態などによっても、施術時間が短くなることもあります。
施術時間は、照射間隔が長いか短いか、もしくはスタッフの腕でハイペースで照射しているから、と言う理由も考えられます。
つまり、その人の毛質、施術する機械、スタッフの腕。これらによって若干の違いはある、ということです。雑だから短いという事はないはずです。

施術時間が短いと照射漏れなどのリスクはありませんか?

全身脱毛の場合、照射漏れのリスクは少なからずあるようです。
施術した部位のうち、あきらかに一部分だけ毛が生えてくるスピードが早かったりする場合は照射漏れの可能性は考えられます。
不安な方は、施術直後はまだ分からないので、1ヶ月程度様子をよく見てみることをおすすめします。
ただし、照射漏れは施術時間が短い事と関係はないようです。
前にも述べたように、照射のパワーやその人の毛質によっても若干施術時間は短くなったり長くなったりすることがある、ということを忘れてはいけません。
また、照射漏れが見つかった場合、無料で再照射を行ってくれるサービスを行っているサロンもありますので、事前によく確認しておくとよいでしょう。

1回の来店で全身の脱毛ができますか?

多くのサロンや医療機関では、全身脱毛は1回の来店で可能となります。
ただし、サロンにもよりますが、全身で90分~120分程度かかりますので、時間の余裕がある時、自身の健康状態が良好な時に行う方がよいでしょう。
少しでも不安がある人は事前にスタッフとよく相談してみてください。
また、全身脱毛の予約を取っていたとしても生理と重なった日は下半身のみキャンセしないといけない、というルールがあるサロンもあるようです。
ご自分が通っているサロンのルールをしっかりと確認してみるとよいでしょう。
ただし、全身脱毛の施術を受けたとしても、たった1回で脱毛が完了する事はありません。最低でも5回以上は施術を行わないと毛が抜けると実感できません。

脱毛クリニックの方が脱毛完了までの回数が少ないのはどうしてですか?

同じ全身脱毛をしようとした場合、脱毛クリニックの方が脱毛完了までの回数が少ないのは事実です。
脱毛クリニックが全身脱毛で5~8回程度、1年~1年半かかるのに比べ、脱毛サロンはその倍くらいの期間がかかると考えて良いと思います。
ではその差は何なのでしょうか。それは使っている機械の照射パワーの差が考えられます。脱毛クリニックは、医療脱毛ですので医師の監修の元
強いパワーの照射で施術を行っていきます。それに比べて脱毛サロンは、医療機関ではないのでそこまで強いパワーの照射ができないのです。
照射のパワーは脱毛結果に直結するので、結果的に強い照射パワーで施術を行った脱毛クリニックの方が回数が少なく、期間も短いのです。

全身脱毛の施術時間/部位別の施術時間についてまとめ

全身脱毛は、一般的に90~120分程度かかると言われています。
部位別ですと、脇で10分、VIOで30分、腕で40分、脚で50分、顔で40分、うなじで10分、背中で20分程度です。
もちろん、サロンや医療機関、クリニックなどお店や、施術を受ける人の毛質や毛量などによっても変わってきます。
どちらにしても時間は多くかかるのもですので、体調の良い日に受ける事をおすすめします。
また、脱毛は今は選ぶ時代です。脱毛方法も何種類かありますので、自分にぴったり合った脱毛方法を選ぶと良いでしょう。
さらに、できれば店舗に直接行って雰囲気を見てみるとか、予約は取りやすいのかとか、口コミを確認するとか、スタッフの対応
は問題なさそうかとか、事前に出来る限り情報を集めてから判断してみてくださいね。

関連ページ:【ミュゼの口コミ】料金・脱毛サロンの評判と評価は最悪?